商品情報

生泉堂(アンサンブレ)の主な取扱商品情報です。

健康に導く油の話

油の種類
油=脂肪酸は大きく、動物性・植物性・魚の油分の3種類

植物性油分はさらに、オメガー3(アルファリノレン酸)オメガー6(リノール酸)オメガー9(オレイン酸)の3種類に分類、このバランスがとれていることが大切です。

現代の日本人の食生活で話題となっているリノール酸は、過剰摂取でバランスが崩れてしまっています。

現在よく使われている油の大半が、溶剤を使用し高温精製で化学的処理されたトランス型と呼ばれている脂肪酸です。この処理の行程で元来あるべき含有されていたはずの成分が失われ、狂った油になっていることを知る人が少ないのが現状です。

もともとある成分の表示に惑わされない知識を持って、摂取しなければならない油を摂って、自分の免疫力で体調を管理をして万病を予防できる健全な体作りを目指してください。

3種類の脂肪酸の性質

オメガー3(アルファリノレン酸):亜麻仁油、エゴマ油、しそ油、いわし・鯵・鯖・マグロ・鮭・などの青魚
炎症を抑制し血液循環を促し、癌の増殖を止める働きを持ちます。リノール酸過剰摂取で引き起こされる危険因子を中和します。また学習能力を高めたり認知症の予防に役立つ嬉しい油です。

オメガー6(リノール酸):コーン油、サフラワー油、月見草オイル、ひまわり油、牛・鶏・豚肉
リノール酸はコレステロールを下げおなかすっきりといわれていますが、過剰摂取は体内でアラキドン酸に変化し炎症を起こす物質で、炎症やアレルギーの原因になり、癌・動脈硬化・心臓病の引き金となる危険因子です。

オメガー9(オレイン酸):オリーブオイル、キャノーラオイル、高オレイン酸サフラワー油
動脈硬化・心疾患の予防、悪玉コレステロール低下、便秘解消に役立ちます。 お肌のためにも嬉しい油です。唯一高温処理しても成分破壊に耐えうる油ですので お料理に最適です。

水分補給の役割

水分補給とは液体であれば何でも良いのではありません。ジュース、コーヒー、味噌汁、スープ、ビールなどのアルコール類は水分摂取の目的とは違います。体の70%は水分です。有効的な水分補給はこれらの他に、意識して毎日約2Lの水分が必要です。なぜなら、人間の体液は約1L+この体液を解毒・排出・循環させ入れ替えるための1L=2Lが必要となります。

代謝機能を活性化させ健康維持に不可欠な抗酸化物質SOD

もともと人間の体内に存在し、体の錆びの原因となる活性酸素を除去する酵素SOD酵素は、酵素の中でも活性酸素を除去する特別な酵素としての働きをし、私たちの体を守ってくれる酵素です。

酵素は消化や代謝、細胞の生まれ変わりなどの生命活動に関与し、人間の体に削除不可欠な成分で、本来は生涯を通して体内で作られる酵素ですが、年齢を重ねるうちに生成能力や活動能力は減少していくので、日々の食事で意識して摂取すべき成分です。

活性酸素=害」と思われがちですが、本来は病原体やウィルスから見を守り、体内に溜った毒素を排除し、健康を守るための必要な物質です。

活性酸素のパワーは強力なために必要以上に増殖すると、正常な細胞までも傷つけてしまいます。 増えすぎた活性酸素は、老化促進、体調不良、生活習慣病、癌などのあらゆる病気の原因になります。

活性酸素が増える原因

紫外線、ストレス、喫煙、不規則な生活、加工食品に含まれる添加物など、わしたちの生活に密着しています。

この原因を取り除くには生活習慣を見直して、体作りの基本となる食事の△形を取り入れる事から実行することです。

 

水分 △ 脂肪分
  葉緑体

 

規則正しく、バランスの取れた食事、代謝を促すこまめな水分摂取で、 病気を未病のうちに対処できる自己健康管理能力を身に着けてください。

PAGE TOP